冊子体PDAの事例まとめ(2) 2007-2009

冊子体PDAの事例まとめ続き。

2007: ブリガムヤング大学

  • 教員からILLリクエストのあった、どの図書館からも借りられない本を購入
  • 灰色文献、新刊本などが多い
  • Alder, N. L. (2007). Direct purchase as a function of interlibrary loan: Buying books versus borrowing. Journal of Interlibrary Loan, Document Delivery & Electronic Reserve, 18(1), 9-15. URL

2007: フロリダ大学

  • 新しい学位のプログラムは増えているのに蔵書予算が一定であることにより、ILL借受・複写依頼が増えたことに対応して開始
  • 6ヶ月間、予算規模15000ドルの試行
  • ほとんどのリクエストが院生によるもので、次いで教員
    • 学部生は紛失本のみリクエスト可
  • リクエストの大半は人文科学、社会科学の構成員から
  • 購入にかかる平均時間はおよそ5日
  • 利用者の反応は大部分は好意的
  • Foss, M. (2007). Books-on-demand pilot program: An innovative "patron-centric" approach to enhance the library collection. Journal of Access Services, 5(1), 306-315. URL

2007: コーネル大学

  • パデュー大学のモデルを参考にした試行プログラム
  • 購入基準に合致した45タイトルのうち、11タイトルが大学出版社のもの
  • ほとんどが新刊本
  • 1タイトルあたりの平均コストは43.90ドル
    • 人文学は平均32.00ドル、社会科学は平均39.00ドル、科学技術・工学は平均58.00ドル
  • 科学技術・工学のタイトルと社会科学のタイトルが同じだけリクエストされた(各16冊)
    • 人文科学は13冊
  • Cornell University Library. (2007). Buy or borrow. Retrieved October 8, 2010 URL

2008: ミネソタ大学

  • Law Libraryにおけるプログラム
  • ILL依頼のうち、資料費+送料が20ドル以下のもののみ購入
  • コレクションに加えられた購入資料の33%が頻繁に借りられている
  • 購入基準となる金額がかなり低かったため、12タイトルしか購入できなかった
  • Zopfi-Jordan, D. (2008). Purchasing or borrowing: Making interlibrary loan decisions that enhance patron satisfaction. Journal of Interlibrary Loan, Document Delivery & Electronic Reserve, 18(3), 387-394. URL

2009: グランドバレー州立大学

  • 教員がリクエストの大半を占め、次に学部生、院生の順
  • 144の購入タイトルのうち41タイトルが1回以上借りられている
  • 貸出回数の平均は1冊あたり1.5回
    • 最も多いタイトルは9回
    • 12タイトルが一度も借りられない
    • 通常選書のタイトルよりも多く借りられる傾向
  • 購入タイトルが蔵書としてふさわしいか、他機関の所蔵を基準に検討
    • 購入されたタイトルの59%が少なくともひとつの同種の他機関に所蔵されている
    • 36%がひとつ以上の他機関に所蔵されている
    • この割合は通常選書のタイトルとおよそ等しい結果
  • プログラムのガイドラインを整えることによって、学部生も教員と同程度、蔵書にふさわしいタイトルを選択した
  • Way, D. (2009). The assessment of patron-initiated collection development via interlibrary loan at a comprehensive university. Journal of Interlibrary Loan, Document Delivery & ElectronicReserve, 19(4), 299-308. URL

2009: アーカンソー大学

  • ILL複写依頼の多くはMaterials Research Society Proceedingsから依頼しており、購読コストがひどく高いため、不定期に出版される単発もののみ購入するプログラムを始めた
  • 購入タイトルは平均5日で到着
  • 購入タイトルの総額(2390ドル)は、試行期間の購読コスト及びリクエストがあった巻号をILLで借りた時の累積コスト(どちらもおよそ10000ドル)よりも低い
  • 購入タイトルのいくつかは繰り返し借りられた
    • 12%が2回目の貸出があった
  • 購入タイトルは1タイトルあたり平均1.7回使われた
  • Gibson, T. M., & Kirkwood, P. E. (2009). A purchase-on-demand pilot project at the University of Arkansas for the Proceedings of the Materials Research Society Symposiums. Journal of Interlibrary Loan, Document Delivery & Electronic Reserve, 19(1), 47-56. URL

2009: バッファロー大学・エンパイアステートカレッジ

  • 平均コストはかなり低い(41.59ドル、送料の平均は10.66ドル)
  • 利用者の反応はとても良かった
  • Bertuca, C., Lelonek, C., Tuohy, R., Ortner, J., Bouvier, A., Dithomas, S., et al. (2009). Two ILLiad clients, one desktop, purchase on demand: Sharing a university's collection, staff, and expertise. Journal of Access Services, 6(4), 497-512. URL