2015年を振り返ってみた

今年はまるっと育児休暇。小さな世界で生きていましたが、すごいスピードで成長していく息子を近くでずっと見ていられるという、かけがえのない一年でした。

育児のこと

こどもが生まれての一番の変化は、当たり前ですが、生活の主体が自分ではない他人になったということです。
こどもの食事(授乳)や睡眠のリズムはまだ毎日一定ではないし、こちらの都合でコントロールできるわけではなくて。
やりたいことが自分のタイミングで出来ない。
何をするにも、計画通りにいかない。
こどもができればそんなことは当たり前とわかってはいるのですが、それが結構ストレスでした。
自由に働きに出られたり、飲み会に行けたりする旦那が恨めしくなることもあったなぁ…
ひとりの人間である「わたし」とは違う、こどもに属した「母」としての自分とうまく付き合えないときもたくさんありました。

とか書いてると子育てに苦労しているように聞こえるかもしれませんが、世間一般的には息子は手がかからないほうだろうと思います。
夜泣きもないし、ごはんもそこそこ食べるし、お母さんじゃないとだめー!なこともないし(それはちょっと切ないけど)。
で今度は、もっと大変なおうちはたくさんあるだろうに、わたしはこれでしんどいとか思うようにいかないとか、何を甘いことを言ってるんだ…と自己嫌悪に陥る、と。
ひとりでわざわざ負のスパイラルにはまりこんでいることも多かった。
でも逆にけろっとするのも早かったな。浮き沈みの多い一年でした。
しんどいと思う気持ちは他人と比較するものではないのでしょうね。

あと、体調を整えるのにそれなりに苦労しました。
出産は2時間ほどだったので産後の回復は早かったのですが、それでもダメージは色々あったようです。
とかく頭痛がひどかった。これまでに経験したことないほどひどいのが何度もあってきつかったです。これはいまも悩みの種です。
あと、体重がどんどん減りました。臨月のときの体重から16キロほど落ちています。こんなに短い間にここまで増減することはなかったので、なかなかしんどいです。基礎体力のようなものが削られている気がします…
お母さんは丈夫じゃないといけないですね。周りに迷惑をかけました。

仕事のこと

仕事からは離れていた一年ですが、時々お仕事つながりの人とお会いしていたので、お話を聞いて、刺激をいただいていました。
のんびりお休みしている人間にも色々と気をかけてくださる人たちがいて、本当にありがたいことです。復帰したらエンジン全開で挽回していかねばなりません。

趣味のこと

ライブは11月に解禁されました。Base Ball Bear行きました。夢のような時間だった…楽しかった……。

今年よく聴いていた曲はこのあたり。

サッカーもぼちぼち見ていましたが、好きな選手は怪我のため、ほとんど見られませんでした。来季に期待しています。

来年の抱負

春に職場復帰の予定です(保育園に入れればですが)。
働きながら子育てという新たな挑戦。来年はそれに尽きます。こなせるのかどうか、想像もできません…。
簡単ではないと思いますが、頑張りたいと思います。

この一年、色々ありましたが、家族をはじめとする周りの人に支えられ、そして何よりも息子の笑顔に励まされてきました。
わたしも笑顔を忘れず、自分の周りも明るく照らしながら生きていきたいです。
新しい年もどうぞよろしくお願いいたします。